家づくりの物語 家づくりの物語

  •  一覧に戻る|荒川建設株式会社の家づくりの物語
物語五

感動のおすそわけ。

初めてしげやの見学会に行ったときのこと、
今でも覚えています。
玄関を開けると土間があり、
檜の香りに満たされました。
障子の引き戸の懐かしさ、
裸足に触れた無垢の木の心地よさ、
真っ白な漆喰の壁、和紙貼の和室の建具、
樹皮を残した杉のカウンター。
木のぬくもりや自然素材の美しさに安らぎ、
なにより、しげやの作り手さんのぬくもりに感動しました。
それからも他の家々を見学し、
その間に家族が一人増えました。
再びしげやの見学会に行ったのは、
5年後のこと。
あの時の感動がすぐに思い出されました。
そして先日、念願の我が家が完成しました。
和風が好きな妻の思いが注がれたこの家で、
家族三人、楽しく暮らせることができるのが、
なによりうれしい。
見学会で抱いた思いとは、
また違う喜びで満たされていますが、
今度は我が家が、あのときの感動を
みなさんにお裾分けする番です。

  •  一覧に戻る|荒川建設株式会社の家づくりの物語
一覧へ