家づくりの物語 家づくりの物語

  •  一覧に戻る|荒川建設株式会社の家づくりの物語
物語七

前略、おばあちゃん

大好きなゲートボール、がんばってますか。
今日は報告があります、
あの蔵の梁や扉を使った僕らの新居ができました。
まだ計画中だった時に、荒川建設のスタッフさんから
「古い扉なども再利用できますよ」って聞いたタイミングで、
実家の蔵を撤去することが決まって。
すぐ社長さんとスタッフさん、
僕たち家族で福井の実家に行って、
使わせてほしいって頼んだら、
おばあちゃんが大喜びだったの覚えてる。
なにしろ、その蔵は築100年以上、
おばあちゃんが子どもの頃からあった蔵だもんね。
新居は、比叡山のふもとです。
間口が16mのある平家風で、中二階の設計。
床は、展示場で2才の娘が気持ち良さそうに
寝ころんでた檜でつくりました。
憧れだった薪ストーブもつけたから、
冬でも家中が何とも言えないくらいあったかいです。
吹き抜けのLDKには、蔵を守ってた、あのぶっとい梁。
蔵から持ってきたタンスや建具は、
荒川さんの工場で磨いてもらいました。
あの梁も、扉も、たんすも、ずっとずっと引き継いでいきます。
だから、おばあちゃん、ほんま長生きしてや。
今度、おばあちゃんの兄弟みんなで、
ぜひ家見学ツアーにきてください。
約束やで!

  •  一覧に戻る|荒川建設株式会社の家づくりの物語
一覧へ